福祉の仕事ってなんだろう??(2回目)

2020.05.08掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
福祉のお仕事

福祉の仕事ってなんだろう?

〇人の役に立つ仕事がしたいな♪
〇福祉の仕事ってどんなお仕事があるんだろう?
 
などなど、なんとなく福祉のお仕事に興味があるけど、
どんなお仕事があるかわからないなという方に
福祉のお仕事をご紹介しています♪

福祉のお仕事を知っていただいて
興味があるお仕事が見つかったら
ぜひそのお仕事を当サイトで検索してみてください♫

求人のご紹介から、面接対策、実際の面接同席など
求職者様の新しい就労先が見つかるまで、サポートいたします!
完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください♪

今回は2回目。【相談援助のお仕事】をご紹介します☆


相談援助のお仕事 

〇生活相談員・生活指導員・生活支援員のお仕事

主な職場は、高齢者福祉施設、障がい者福祉施設です。介護職員が配置されている施設では1~2名と配置が少なく、利用者の相談援助のほか、施設の入所、退所の手続き、ご家族との連絡調整、サービス計画の立案などを主な業務としています。
(※障がい者福祉施設に配置されていることが多い「生活支援員」は、
個々の施設により異なりますが、相談業務ではなく主に介護などの業務を行う職員として位置づけられている場合があります。)

〇児童指導員のお仕事
児童養護施設、母子生活支援施設、障がい児施設などで生活する子どもたちを援助、育成、指導することが主な業務です。子供たちの指導、育成計画の計画立案、施設内の調整、親、学校、児童相談所との連絡など連絡調整などを主に行います。
また保育士と協力し、子どもたちが年齢や能力に応じて社会的な生活力を身につけられるように、生活全般の支援も行います。関連する職種として児童自立支援施設に児童自立支援専門員が配置されています。

〇職業指導員のお仕事
職業指導員は、障がい者に対する就労移行支援、就労継続支援を実施している事業所に配置されています。職業指導を行っている児童福祉施設にも配置されています。
利用者それぞれの意向や適性に合わせて、食品加工、印刷物作成など様々なスキルを指導・援助するなど、職業上の技術を習得してもらう訓練、指導を行います。

〇就労支援員のお仕事
生活保護者や障がい者、母子世帯の母親など就労を目指す人を対象に、職場実習や就職活動に関する支援を行うとともに、その実習先や就職先の開拓、就職後の職場定着のためのフォローを行います。
障がい者福祉サービスの場合、就労移行支援、就労継続支援を実施する事業所に配置されています。

〇介護支援員(ケアマネジャー)のお仕事
介護保険事業における居宅介護支援事業所や介護保険施設などで、要介護者などからの相談に応じ、その方の心身状態に応じた適切なサービスが利用できるように、ケアプラン(介護支援計画)を作成し、関係機関との連絡調整を行います。