福祉の仕事ってなんだろう??(3回目)

2020.06.05掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
福祉のお仕事

福祉の仕事ってなんだろう?

〇人の役に立つ仕事がしたいな♪
〇福祉の仕事ってどんなお仕事があるんだろう?
 
などなど、なんとなく福祉のお仕事に興味があるけど、
どんなお仕事があるかわからないなという方に
福祉のお仕事をご紹介しています♪

福祉のお仕事を知っていただいて
興味があるお仕事が見つかったら
ぜひそのお仕事を当サイトで検索してみてください♫

求人のご紹介から、面接対策、実際の面接同席など
求職者様の新しい就労先が見つかるまで、サポートいたします!
完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください♪

今回は3回目。【保育のお仕事】をご紹介します☆


保育のお仕事 
〇保育士のお仕事
保育所や児童養護施設などの児童福祉施設で、子どもたちの保育にあたります。
子どもの保育を行う代表的な職場が保育所です。
保育所での保育士の仕事は子どもたちに『食べる・眠る・排せつをする』などの基本的な生活習慣を身につけさせるとともに、遊びなどの集団活動を通して社会性を養わせることです。また子どもだけが対象ではなく、保護者に子育てについてのアドバイスを行うなどの大切な役割も担っています。
近年は保育所と幼稚園の特徴を生かした「認定こども園」も徐々に増え、保育士の活躍の場が広がっています。
保育所以外の児童福祉施設(乳児院・児童養護施設・児童自立支援施設・障がい児施設など)でも保育士が活躍しています。
児童養護施設や乳児院などの入所施設では、子どもたちの親代わりとして起床から就寝までの生活全般の世話や、教育、しつけ、社会的な自立の援助など「養護」を行います。
児童自立支援施設では教育・指導・保護・更生などの側面が強くなります。障がい児のための施設では介護・援助・指導などを行います。